MENU

相続とは?

相続とは、人の死亡時に所有していた遺産を、特定の人に承継させることです。亡くなられた方を「被相続人」、
権利義務を承継する人を「相続人」といいます。
そして、被相続人から相続人に引継がれる財産のことを、「相続財産」といいます。

この相続財産ですが、土地・建物などの不動産、自動車、現金、預貯金、有価証券などのプラスの財産だけなく、
借金、負債、さらには損害賠償責任などのマイナスの財産も相続されます。

相続はほとんどの人が未経験

色んな悩みをご相談ください!専門家として様々な状況に迅速に対応します

■うちって相続税がかかるの?
■誰に何を分けたらいいの?
■節税の方法ってあるの?
■納税資金はどう確保するの?
■以前もらった財産も相続税がかかるの?
■生前に出来る対策ってあるの?
■期限内に申告しないとどうなるの?
■財産の分け方で税金って変わるの?
など、お悩みはたくさんあることと思います。
よくわからない!めんどくさい…。と、感じていらっしゃる方はまずはお電話ください。

■うちって相続税がかかるの?
■誰に何を分けたらいいの?
■節税の方法ってあるの?
■納税資金はどう確保するの?
■以前もらった財産も相続税がかかるの?
■生前に出来る対策ってあるの?
■期限内に申告しないとどうなるの?
■財産の分け方で税金って変わるの?

など、お悩みはたくさんあることと思います。
よくわからない!めんどくさい…。と、感じていらっしゃる方はまずはお電話ください。

なぜ対策は早いほうがいいの?

相続はある日突然やってきます
相続には、人と財産が大きく絡むためケースにより対策も大きく異なります。 対策の一例として、贈与・養子縁組・不動産活用・生命保険等がありますが、 形式的な対応では、節税とならないばかりではなく、逆に税金が多くかかって しまった事例や、争続の原因となってしまった事例も見受けられます。

相続には、人と財産が大きく絡むためケースにより対策も大きく異なります。
対策の一例として、贈与・養子縁組・不動産活用・生命保険等がありますが、
形式的な対応では、節税とならないばかりではなく、逆に税金が多くかかって
しまった事例や、争続の原因となってしまった事例も見受けられます。

対策には時間と知識と労力が必要

相続対策は、どれもすぐに出来るものではありません。 財産の把握・分配・節税・納税資金の準備、それに加え今後相続税法の改正により、 相続税の負担増が予想されています。相続対策は相続の発生時のみだけではなく、今後のライフプランや所得税などの 税金対策と一緒に考えていく必要があります。めんどうな事は専門家にお任せください。 お客様にじっくりとお話を伺って、その方に一番適した方法をご提案します。

相続対策は、どれもすぐに出来るものではありません。
財産の把握・分配・節税・納税資金の準備、それに加え今後相続税法の改正により、
相続税の負担増が予想されています。

相続対策は相続の発生時のみだけではなく、今後のライフプランや所得税などの
税金対策と一緒に考えていく必要があります。

めんどうな事は専門家にお任せください。
お客様にじっくりとお話を伺って、その方に一番適した方法をご提案します。

当事務所の仕事の流れ

1.面談
まずは、ご挨拶と今後のスケジュールを確認します。(できれば相続人すべての方と面談させていただきます)

2.財産の確認
亡くなられた方の財産を整理します。必要に応じて、相続放棄など所定の処理をご案内します。

3.準確定申告
亡くなられた方が、事業主等所得税・消費税の申告が必要であれば亡くなられた日の翌日から4ヶ月以内に申告書の作成・提出を行います。

4.財産評価
財産の評価を行い。概算の相続税を計算します。

5.遺産分割協議
遺産分割の内容により相続税が増減します。相続人全員の意見を聞きながら、税の観点からいくつもの分割パターンを提案いたします。

6.申告書の作成・提出
確定した遺産分割協議に基づいて、相続税の申告書の作成及び提出を行います。